mini ico家を建てたい!とちぎの住まいづくり

スキップフロアのメリットとデメリット | 失敗しないためのデメリット対策法も

  建築コラム

注文住宅をお考えで、スキップフロアを採用しようかご検討中の方がいらっしゃると思いますが、そのような方はスキップフロアのメリットだけではなく、デメリットや対策についても知っておくべきです。この記事では、スキップフロアについて紹介するので、スキップフロアをご検討中の方はぜひ最後までご覧ください。

スキップフロアとは何?

スキップフロアとは、ドアや壁などの仕切りではなく、段差によって1つの階層の空間を分けた間取りのことを指します。1階と2階の間に中2階のような空間ができることで、おしゃれな空間に仕上がりやすい特徴があります。このスキップフロアにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

スキップフロアのメリット

空間を有効に使える

従来の1階・2階ではなく、縦に空間が広がることで、間取りの自由度が通常よりも高くなります。一定の条件を満たすことで容積計算上の延べ床面積に加算されないため、空間を有効に活用できるのです。狭小住宅や平屋の場合、可能な間取りが限られてくる場合がありますが、スキップフロアであれば狭小住宅や平屋でもできます。特に狭小住宅の場合は、スキップフロアを取り入れることで生活できる空間が増えるため、大きな魅力と言えるでしょう。

開放的で明るい空間にできる

扉や壁ではなく段差で仕切るため、全体的に光を取り込みやすく、開放的な空間になりやすいです。開放的な空間にする方法として吹き抜けがありますが、吹き抜けは2階の床面積が減ってしまうため、床面積を減らしたくない方はスキップフロアがおすすめです。

階段下を収納として活用できる

スキップフロアを設けると段差が多くなるため、段差を活用した収納場所を設けやすい傾向があります。空間を有効活用しながら収納も増やせるため、一石二鳥です。

スキップフロアのデメリットとその対策法

スキップフロアにはメリットと同時にデメリットも存在します。ここからは、デメリットとその対策について紹介します。

空調の効率が良いとは言えない

壁や扉による仕切りがなく、1つの空間が広くなるため、空調効率が下がってしまいます。夏や冬などの適温ではない時期にエアコンを使用しても、部屋全体に空気が行き渡らないことがあります。

この対策として、高気密高断熱の住宅にすることや、全館空調システムを導入することが挙げられます。これらの対策を行うことで、室温が安定し、どこに行っても適温で過ごせるようになります。

各空間が狭く感じてしまう

これは狭小住宅で感じやすいデメリットなのですが、スキップフロアで床に段差をつけてしまうと1つ1つの空間が狭く感じてしまいやすい傾向があります。取り入れる場所を考えなければ、空間を有効活用できるメリットが得られない可能性があるため、注意しましょう。後悔しないためには、リビングやホールなどの補助的空間として取り入れたり、平面設計を工夫したりする必要があります。

料理の匂いが広がりやすい

壁を設けないため、キッチンと同じ空間にスキップフロアを設けると料理の匂いが広がりやすくなります。キッチンの換気扇だけでは、料理の匂いがなくなりづらいため、全館空調システムを導入することをおすすめします。全館空調システムを取り入れることで、家の中の空気が入れ換わるため、料理の匂いが気にならなくなるでしょう。

CHECKスキップフロアは空間を有効活用できたり、開放的な空間にできたりするメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。スキップフロアを採用する場合は、今回紹介したデメリットの対策を参考にしていただけると幸いです。
\Share/
\ PR /
  • みんなが建てた家(施工事例)
    Contents
  • mini ico家を建てたい!とちぎの住まいづくり
    ©2022 とちぎの住まいづくり All rights reserved.