家を建てるなら家を建てたい!とちぎの住まいづくり

オール電化はどんな家庭に向いてる?メリット・デメリットなども

  建築コラム

オール電化とは、家庭内のエネルギー供給を全て電気で賄うシステムのことです。ガスや灯油を使わずに、調理、給湯、暖房などを全て電気で行います。オール電化には多くのメリットとデメリットがあります。この記事では、オール電化の特徴を詳しく解説し、4人家族の平均電気代、ガス併用のメリット・デメリット、オール電化が適した家庭についても考察します。

オール電化のメリットとデメリットって?

メリット

  1. 安全性: ガスを使用しないため、ガス漏れや一酸化炭素中毒の心配がありません。電気を使うため、火災リスクも低減されます。
  2. 環境に優しい: 電気を使用することで、CO2排出量を減少させることができます。特に再生可能エネルギーを利用している場合は、さらに環境負荷を軽減できます
  3. 経済性: 深夜電力を利用することで、電気料金を抑えることができます。また、ガスの基本料金が不要になるため、トータルのコスト削減が期待できます。
  4. 便利さ: IHクッキングヒーターやエコキュートなど、最新の電化製品を利用することで、家事の効率が向上します。掃除もしやすく、使い勝手が良いです。

デメリット

  1. 停電時のリスク: 全てのエネルギー源が電気に依存しているため、停電時に全ての機能が使えなくなります。特に冬場の暖房や給湯が使えないと、生活に大きな影響を及ぼします。
  2. 初期費用: オール電化にするための設備投資が必要です。特にエコキュートやIHクッキングヒーターの導入には高額な費用がかかります。
  3. 電気代の増加: 電気料金の単価が上がった場合、ガスと併用していた場合よりもコストが増える可能性があります。また、電力使用量が多い家庭では、高額な電気代が発生することもあります。

4人家族のオール電化の平均電気代は?

15,000円~25,000円程度

4人家族のオール電化の平均電気代は、地域やライフスタイルによって異なりますが、月々の電気代は約15,000円から25,000円程度とされています。この金額には、調理、給湯、暖房、冷房、家電製品の使用などが全て含まれています。

ガス併用にした方が良いのか?

ガス併用のメリットとデメリットを考慮することも重要です。

ガス併用のメリット

  1. 停電時の安心感: ガスを併用していれば、停電時でもガスコンロやガス給湯器を使用できるため、生活の一部を維持できます。
  2. 選択の自由: 調理にガスを使うことが好きな方や、暖房にガスストーブを使用したい方にとっては選択肢が広がります。

ガス併用のデメリット

  1. 基本料金の発生: ガスを併用することで、ガスの基本料金が発生し、総合的なコストが増加する可能性があります。
  2. 複数の設備管理: 電気とガスの両方の設備を管理する必要があり、メンテナンスが煩雑になります。

オール電化はどんな家庭におすすめなの?

オール電化が特におすすめな家庭は以下の通りです。

  • 安全性を重視する家庭: 火災やガス漏れのリスクを避けたい方には、オール電化の安全性が魅力です。
  • 新築・リフォームを考えている家庭: 初期費用を抑えるために、建設段階からオール電化を導入するのが理想的です。
  • 環境意識が高い家庭: CO2排出量を減らし、環境に配慮したい方にはオール電化が適しています。

一方で、停電リスクを避けたい家庭やガスの使用にこだわりがある方は、ガス併用も考慮する価値があります。家庭のニーズやライフスタイルに合わせて、最適な選択をすることが大切です。

\Share/
おすすめ記事
\ PR /
  • いいっぺとちぎ
  • 買えるモデルハウス
  • 注文住宅 【施工事例】
    Contents
  • mini ico家を建てたい!とちぎの住まいづくり
    ©2022 とちぎの住まいづくり All rights reserved.
    運営:すまいポート21宇都宮本店