mini ico家を建てたい!とちぎの住まいづくり

ランドリールームのメリットって?後悔しないために失敗例と注意点を紹介

  建築コラム

「注文住宅にランドリールームを設けようか迷っている」「ランドリールームについて詳細を知りたい」このような考えをお持ちの方は、いらっしゃるでしょう。この記事では、ランドリールームについて紹介するので、注文住宅をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

そもそもランドリールームとは何?

ランドリールームとは、洗濯に関する家事を行うための部屋のことで、「洗う・干す・取り込む・アイロンをかける・たたむ」のすべて工程を1部屋で行えることが最大の魅力です。ランドリールームがない一戸建てでは、洗濯のために1階と2階を何度も往復することがあるでしょう。

ランドリールームを設けるだけで、洗濯の効率が良くなり、日々の負担が軽減されます。それでは、ランドリールームにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

ランドリールームにはどのようなメリットがある?

先述した通り、ランドリールームのメリットは洗濯関連の家事が効率的にできて楽になることです。無駄な移動や手間が軽減するため、毎日洗濯する方にとってはとても魅力的なことだと言えます。天候が悪い日は洗濯できないことが多いですが、そのような日でも洗濯できることに加えて、冬場の寒い時期に凍えながら外に洗濯物を干す必要がないこともメリットと言えます。

ランドリールームのデメリットは?

最初に挙げられるのは、建築コストが通常よりも高くなってしまうことです。そのため、限られた予算や床面積をランドリールームに充てて良いのかどうかを検討する必要があります。また、動線を考えなければ使いづらくなってしまう可能性があることです。

洗濯動線だけを考えて、他の動線を考えないと使いづらいランドリールームになってしまうことがあるため、他の動線との調和を考えて設計する必要があります。

ランドリールームの失敗例と注意点について

充分な広さを確保できていなかった

1つ目は、充分な広さを確保できていなかったことです。限られたスペースにランドリールームを設置した場合、アイロン台を置くスペースが設けられずに、結局リビングでアイロンをかけることになったという失敗例があります。このような失敗をしないためにも、ちょうど良い広さにする必要があります。目安として2畳から3畳ほどの広さで、4人暮らしのご家庭の洗濯物を干せます。

室内干しのため、換気が不十分で生乾きの臭いが発生してしまった

ランドリールームに物干しスペースを設置したとしても、通気性が悪いと洗濯物が生乾きの臭いになってしまいます。さらに湿気が逃げにくい環境になってしまうため、ランドリールーム内にカビが発生してしまう可能性もあります。そのため、換気・送風設備を設置することをおすすめします。例えば、除湿乾燥機を置いたり、24時間換気システムを導入したりすることがおすすめです。

使用しなくなりスペースが無駄になってしまった

ランドリールームを設けたとしても、お子様が成長して自立した後は夫婦2人のみで使わなくなってしまったという事例があります。このようなことも想定して、ランドリールーム以外の使い方もできるスペースにすることがおすすめです。例えば、作業台をデスクとして利用し、仕事や趣味専用の部屋として活用できます。後悔しないためにも、ランドリールーム以外の使い方もできるようにしておくと良いでしょう。

CHECKランドリールームを設けることで洗濯に関する家事が効率化でき、楽になります。しかし、通常よりも建築コストが高くなってしまうため、ご自身の予算をもとに採用するか検討すると良いでしょう。また、今回紹介した失敗例と対策を参考にして、後悔のない家づくりを実現してみてください。
\Share/
\ PR /
  • みんなが建てた家(施工事例)
    Contents
  • mini ico家を建てたい!とちぎの住まいづくり
    ©2022 とちぎの住まいづくり All rights reserved.