家を建てるなら家を建てたい!とちぎの住まいづくり

リビングが狭い場合の赤ちゃんスペースの作り方や場所の確保について

  インテリア

リビングが狭い!赤ちゃんスペースはどうすれば良い?

リビングが狭い場合でも、赤ちゃんのための安全で快適なスペースを確保することは可能です。ここでは、限られたスペースを有効に活用するためのアイデアやヒントをご紹介します。

必要最低限の家具やコンパクトなグッズ

リビングに置く家具は、必要最低限に絞りましょう。大きなソファやテーブルを小ぶりなものに変えるか、取り除くことで、赤ちゃんのためのスペースを確保できます。家具の配置も見直し、部屋の角や壁際に寄せることで、中央にスペースを作り出します。

コンパクトなベビーベッドやバウンサー

リビングに赤ちゃん用のベッドを置く場合は、コンパクトで折りたたみ可能なものを選びましょう。使用しないときは折りたたんで収納できるため、スペースの有効活用に役立ちます。また、バウンサーやプレイペンもおすすめです。使わない時は片付けておけます。

バウンサー

アイテムを活用して収納を工夫

多機能家具

収納機能付きのソファやベンチ、折りたたみ式のテーブルなど、多機能な家具を利用することで、スペースの有効活用ができます。赤ちゃんのオムツやおもちゃを収納できるスペースがあれば、散らかりを防ぎ、すっきりとしたリビングを維持できます。

壁を活用する

壁に取り付けられる収納棚やフックを使って、赤ちゃん用品を整理整頓しましょう。壁面収納を活用することで、床面積を節約でき、リビングを広く使えます。おもちゃや絵本を手の届きやすい高さに配置すれば、赤ちゃんも自分で取り出しやすくなります。

ストレージボックスの活用

おもちゃや赤ちゃん用品を収納するためのストレージボックスを用意しましょう。使わないときはボックスにまとめて収納し、リビングを広く保つことができます。ボックスはデザイン性の高いものを選べば、インテリアとしても楽しめます。

安全対策を忘れずに

プレイマットやラグの設置

柔らかいプレイマットやラグをリビングの一角に敷いて、赤ちゃんが遊べる安全なエリアを作りましょう。クッション性のあるマットは転倒時の衝撃を和らげる効果もあります。取り外しが簡単なものを選ぶと、掃除や模様替えが楽になります。

赤ちゃん安全グッズの活用

また、赤ちゃんがリビングで安全に過ごせるように、家具の角にはコーナーパッドをつける、コンセントカバーをつけるなどの安全対策を行いましょう。小さなスペースでも、細かい配慮で安全性を確保することが大切です。


CHECK狭いリビングでも工夫次第で赤ちゃんのための快適なスペースを作り出すことができます。必要最低限の家具に絞り、多機能家具や壁面収納を活用し、柔軟にスペースを使うことで、赤ちゃんも安心して過ごせる環境が整います。限られたスペースを有効に使いながら、赤ちゃんとの楽しい時間を過ごしましょう。
\Share/
おすすめ記事
\ PR /
注文住宅 【施工事例】
Contents
  • mini ico家を建てたい!とちぎの住まいづくり
    ©2022 とちぎの住まいづくり All rights reserved.
    運営:すまいポート21宇都宮本店