家を建てるなら家を建てたい!とちぎの住まいづくり

ティータイムの簡単テーブルコーデ

  インテリア

ティータイムのテーブルコーディネート

前回のコラム「インテリアになるコーヒー器具ケメックス!」に続き、今回は紅茶でケメックスを使ってみたいと思います。

紅茶はたっぷり淹れて、魔法瓶へ

うちで愛用している保温ポットは「ヘリオス」の魔法瓶。ヘリオスはドイツで創業された魔法瓶メーカーで、黒猫のほか、白猫、虎や熊などのバージョンもあって、目が合うたびに楽しい気分に!保温性も抜群です。

紅茶は飲む分だけ淹れてもいいですが、少し多めにつくって、ポットで保温しておいてもGOOD。

絵になるケメックスでティータイム

わが家のケメックスは6カップ用。ケメックスは、1941年の発売以来、半世紀を超えて愛され続けるコーヒーメーカー。世界中に愛好者がいることでも有名で、なんと、あのアメリカを代表するデザイナーイームズや柳宗理なども愛用していたそうです。

わが家は基本、インスタントコーヒーやティーバックに頼っているため、来客時はいつも申し訳ない気持ちに…。そこで、ケメックスを購入。コーヒー派だけでなく、紅茶派の方にもおすすめです。

こんなふうに飲む分だけ淹れても絵になります。

ガラスの蓋を使ってもステキ!

ケメックスは、それ専用のガラスの蓋があります(別売)。主にはコーヒーなどをテーブルにサーブしておくときに使うものだと思いますが、紅茶やハーブティー、中国茶などを蒸らすときにも使えて便利。ガラスの蓋があるだけで味もグッとよくなりそうです。

「紅茶の生命は色と香り」日本紅茶協会のHPで紅茶の淹れ方を調べていたときに目にとまった言葉ですが、まさにガラス製のケメックスなら、紅茶の醍醐味を存分に楽しめるのではないでしょうか。

鮮度がよい茶葉を使えば、ジャンピング(茶葉が水中で上下に動く現象)を楽しむこともできるそう。茶葉がゆらぐ姿をゆっくり眺めているだけで癒されそうです。

カッコいい缶ならワントレーにセット

わが家の紅茶は、アイルランド生まれの「キャンベルズ・パーフェクト・ティー」。この黄色い大きな缶に500gもの茶葉が詰まっているのですが、わたしはなによりパッケージが好み。そのまま出しっぱなしでも絵になるデザインだから、雑貨のようにキッチンに飾ってもいいし、ケメックスとセットでワントレーに入れてテーブルに出しておいてもいいですね!

飾っておきたい缶はインテリアにも

この黄色い缶は、飲み終わったあともずっと飾っておきたい!日用品を収納したり、キッチン道具を入れたり、プランターとして使ったり。インテリアとしても楽しみは広がります♪茶葉をそのままポットにいれる場合は、ティーパックに茶葉を入れて取り出せるようにしておくと濃くならずに済みますよ。

いよいよ年末年始。紅茶を片手にゆっくり冬ごもりもいいですね。


MIZUE YAMAZAKI

フリーランスのライターとして、雑誌やWEB、カタログなどの取材執筆を行う。ときどきかご屋さん。長女・次女のふたりの子をもつ母。ログハウスで家族4人暮らし。隙あればキャンプへ行きたい。

\Share/
おすすめ記事
\ PR /
注文住宅 【施工事例】
Contents
mini ico家を建てたい!とちぎの住まいづくり
©2022 とちぎの住まいづくり All rights reserved.
運営:すまいポート21宇都宮