家を建てるなら家を建てたい!とちぎの住まいづくり

賢い収納のコツは、ラベリング!

  家事のコツ

ラベリングとは?

整理収納の特集などで「ラベリング」という言葉を目にしたことはありませんか?「ラベリング」とは「ラベルを貼ること」という意味になりますが、整理収納の観点からいくと「物をもとの位置に戻すための住所や番地」という認識になります。ラベリングがしてあるだけでもどこに何があるかわかりやすいですが、せっかくなら気分の上がるようなインテリアに馴染んだラベリングをしてみましょう。

ラベリングをするときに気をつけてほしいのが「~類」とせずに言い切りの形でラベリングをすること。たとえば「電池類」と書いてしまうと電池の他のものも入れていいような気がしてしまいますが「電池」と言い切ることによってその箱の中には電池しか入っておらず、家族の誰が見てもわかりやすくなるのです。

わかりやすいラベリングにするのがポイント。

まずは気軽に市販品をとりいれて

最近は100円ショップなどでも手軽にラベリングシールが買えるようになっています。自分で作るのはちょっとハードルが高いなという方はお気に入りのシールを見つけるところから始めてみましょう。作り方はシールをそのまま貼るだけ。お好きなプレートを探して枠の中にシールを貼ると一気に上級者風に。オリジナリティを出したい方はマスキングテープを使うと◎。

マスキングテープと合わせて作成したクリスマスの収納ラベリング。マスキングテープを使うと幅も広がります。

ラベリング上級編!自分で作ってみる

お好みのラベリングやほしい文字がない!そんな時は自分で作ってしまうという手も。お手軽に作れるのはお名前シールなどを作れるシールタイプのもの。スマホを使用して作れるものもあります。シールの種類も白ベースに黒文字だけでなくクラフトベースに黒文字や透明ベースに黒文字など多種多様。透明のシールを選べば後ろの用紙の色を変えるだけでさまざまなカラーリングに。

シールを作れる「P-TOUCH CUBE」(brother製)。携帯操作でシールが作れます。
流行りのくすみカラーの画用紙に透明シールで作ったラベルを貼って。透明のシールなら好きな色画用紙にそのまま印刷したように使えます。

ラベリングのデザインを自分で作るとき、おしゃれにしたい場合のポイントは大きすぎる文字にしないこと。文字を少し小さめにつくって余白をみせていくことで抜け感がでてラベリングの文字もおしゃれに見えます。ラベリングが自分で作れるようになると入れ物のカラーリングと合わせてインテリアとしても収納を楽しめるように。自分の好みのカラーリングでラベリングを統一したらまた気持ちもあがりますね。

お家時間が以前よりも増え、家の中の快適さを求める方が多くなりました。家の中に「自分のお気に入り」の部分を増やして快適にお家時間を過ごしましょう。

冨田 ちひろ

株式会社SSS-Style-Plus インテリアコーディネーター

\Share/
おすすめ記事
\ PR /
注文住宅 【施工事例】
Contents
mini ico家を建てたい!とちぎの住まいづくり
©2022 とちぎの住まいづくり All rights reserved.
運営:すまいポート21宇都宮