家を建てたい!とちぎの住まいづくり

今が見直すチャンス!「火災保険」の契約期間が5年に短縮されます

  お金の話

火災保険期間が10年から5年へ

火災以外にも風災や水災などさまざまな災害から家を守る「火災保険」。地震保険と同様に、住宅を建築するとほとんどの方が加入していることと思いますが、期間や内容の見直しをされる方はあまりいないようです。この火災保険ですが、契約期間が見直されます。今まで最長10年間で加入できましたが、2022年10月以降に期間が5年へと短縮されます。

なぜ期間が短縮されるの?

理由としては、近年のゲリラ豪雨や台風などの自然災害による被害の増加に伴い、損害保険会社の火災保険の収支が悪化しているためです。日本損害保険協会の調べでは、2018年度の災害による保険金支払い額は過去最高の1兆5695億円にのぼったそうです。

損保大手は19年10月に火災保険料を平均で6〜7%引き上げ、21年1月にも再値上げしましたが、それでも収支は厳しい状態が続いています。そこで契約期間を5年に短縮すれば直近の自然災害の状況を保険料に反映しやすくなるということです。

加入中の火災保険を見直おそう!

しかし、契約者にとっては、保険料の負担が増す可能性が出てきました。数年以内に保険の契約期間が切れる方、負担を増やしたくない方、住宅購入時に年払いを選択している方は、加入中の火災保険を見直し、5年に短縮される前に、新たに10年の長期契約で保険に入り直すことを検討してもよいでしょう。

そうすることで10年間契約の長期割引も受けられ、保険料が値上がりした際も10年間は差額を支払いする必要もなく、補償されます。なお、現在の契約を解約する場合、残りの期間分の保険料は、月額単位で返金されますのでご安心ください。

すまいポート21宇都宮本店でも火災保険の相談は承っております。住まいの資金相談など、お気軽にお問い合わせください。ただいま、マックカードがもらえる「ご相談キャンペーン」実施中です!

住まいづくりのサポートをさせていただきます

とちぎの住まいづくりを運営する ”すまいポート21宇都宮本店” では、新築・リフォーム・リノベ・外構・インテリア・土地探し・住宅ローン相談などの、さまざまなサポートを行っています。サービス一覧はこちら

大谷 敏子 すまいポート21宇都宮総本部 チーフスーパーバイザー

不動産キャリアパーソン、住宅建築コーディネーター。すまいポート21宇都宮本店で5,000組以上の住まいづくりをサポート。お客様一人一人の理想の住まいを予算内で実現できるように、日々、努めている。プライベートでは、家族と保護犬marryと15匹の保護猫との暮らしを満喫中!

\Share/
\ PR /
  • みんなが建てた家(施工事例)
    Contents
    家を建てたい!とちぎの住まいづくり
    ©2022 とちぎの住まいづくり All rights reserved.